小学校の位、ピアノを習いたいって夫人に言いました

小学校の位、ピアノを習いたいって夫人に言いましたが、ピアノは習わせてくれませんでした。でもピアノを弾きたいという思いが強かったので、習っていないものの小学生の合奏でピアノに手を上げて「茶色のこびん」を伴奏した思い出があります。そうして宿命何になりたいかと考えた季節、とにかくピアノが人泣かせになりました。スクールの医師になりたくて科目を選ぶときに音楽は得意で音楽の医師にはなりたかったけれど、ピアノが弾けないので音楽を選ぶことはできませんでした。そしたら日時はたち40歳をこえた現時点、小さい子を要因ですがピアノを弾くことが多々あります。スクールを出て登用を通じてさっぱりピアノは尖端がなかったのですが、キャリアがきっかけでピアノを弾かなくてはならなくなり、ピアノを練習しました。
脱毛!
一度も習ったことはないので、指もばらばらだったりしますが、簡単なものは楽譜で、また酷いものは記号ではじけるようになりました。でもタームをおいてしまうとすぐ弾けなくなってしまうので、当然ピアノを習いたかったと心から感じてしまいます。